映画祭終了のお知らせ

おかげさまをもちまして、
このたびのイスラーム映画祭3は大盛況で終了いたしました。
各劇場へ足をお運びいただいた皆様、
そして『映画で旅するイスラーム』をお買い上げいただいた皆様、
本当にありがとうございました。
何か1本でも心に残る映画がございましたなら本望です。
可能であればまた来年の同じような時期に、
「イスラーム映画祭4」を開催できればと思っております。

世界は日々、めまぐるしく変動しています…。
映画がわたしたちにとってそんな“世界への窓”でありつづけるように―。
このたびは本当にありがとうございました。

2018.5.4 イスラーム映画祭

イスラーム映画祭 3

今や全世界17億人−。
中東を発祥の地に、アジアからアフリカまで
国境、民族、言語を越えて広がるイスラームの世界。
今回も、イスラームの文化が根づく11の国や地域から13本の映画を集めました。
また、今年は多くのパレスチナ人が難民となった
イスラエル建国から70年の節目にあたる年として、
今こそパレスチナに目を向けるべく
世界で絶賛された日本未公開のパレスチナ映画を初上映いたします。

映画を楽しみながら、世界の多様性を知るために、 第3回目の「イスラーム映画祭」を開催いたします。

映画祭について >

上映作品

ラヤルの三千夜

ヨルダン川西岸地区の街に住むパレスチナ人教師のラヤルは、虚偽の告発によってイスラエルの刑務所に収監されてしまう。
まるでパレスチナの縮図のような牢獄のなかで、身ごもっていた彼女はやがて子どもを産むが…。

エクスキューズ・マイ・フレンチ

父親を急に亡くしたコプト教徒のハーニーは、経済的理由から無償の公立校に転入するものの、周りが全員ムスリムのため素性を隠すことに。
ハーニーは持ち前のバイタリティで少しずつ学校になじみ、親友もできるが…。

遺灰の顔

イラン・イラク戦争中。クルドの村のムスリム一家のもとに、戦死した息子の柩が届けられるが、遺体には割礼の痕がない。
さらには隣のクリスチャン一家が、それは自分たちの息子ではないかと疑い始め村は大騒動に…。

タイムテーブル

チケット・会場